連載コラム・刺繍な生活:ヤフーで売れた!? 布の将棋盤

畔柳悦子畔柳悦子

第2の人生に刺繍業を選び、5年前にタジマ工業の刺繍機を導入しました。

4人の子育てをしながら刺繍を勉強し、昨年には初心者向けミシン刺繍教室を開設、パンチ屋の仕事もしている45歳の主婦です。

5年間ミシン刺繍ブログを執筆していたことから、今回の連載のお話を頂きました。

刺繍機で布製の将棋盤が作れるんです!

連載第1回目は、タジマ工業の刺繍機で作る「布の将棋盤」をご紹介します。

刺繍機で『将棋盤?』と不思議に思われる方も居ると思いますが、試しにヤフーオークションに出品したら、入札が入ったんです!

欲しいと思うお客様が意外と多くいるので私自身、正直驚いています。

はじめはお客様からの様々なご要望に応えるため、試行錯誤が続きましたが、刺繍データが完成すれば、何枚でも同じ物が作れるのが刺繍の良い所です。

布の将棋盤は、寝床でも将棋を指したい方、旅行先で、居酒屋で一杯やりながら……など用途が色々で、少しずつお客様を増やしています。

一番扱いやすいのはフェルト素材

人の手で升目を真っ直ぐに縫うのは難しいけど、刺繍機だったら、刺繍枠にセットして縫い上がるのを見守るだけ。

刺繍データさえ作ってあれば、誰でも簡単に同じ物が製作出来ます。

刺繍データを升目に作るのはそれほど難しい事ではありません。

色々な素材を試したところ、一番扱いやすいフェルト素材に辿り付きました。

安価で簡単に出来上がります。材料費も数百円で、色も豊富なのでバリエーションを増やす事も出来ます。

閑散期等でミシンが遊んでいる時に『布の将棋盤』を製作してみてはいかがでしょうか?


タジマの刺繍機で升目の刺繍完成。

縫い上がったらロータリーカッターでカットするだけ。

布の将棋盤の完成です。ブラックの色が駒をくっきり見せてくれます♪

刺繍が完了した後の処理も簡単。縁をロータリーカッターでカットするだけ。

縫製技術の無い方でも、タジマ工業の刺繍機で簡単製作。

「折り畳み傘の様に丸めて持ち運びたい」という要望もあったので、フェルトで袋も作れば、より親切な商品に仕上がると思います。

テーブルに置いて将棋盤が滑る場合は、滑り止めの工夫をプラスしたら出来上がり。

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 http://eshisyu.com/