連載コラム・欲しくて探して買ってみた:木製のゴルフバッグタグ

秋吉純子秋吉純子

 

「灯台下暗し」とはまさにコレってことに遭遇しました。

少しは賢くならなくちゃと、参加メンバーが190人ほどいる勉強会に通っているのですが、そこの先生が「これだけ人がいると、誰がなんの仕事をしているかよく分からない。自分の仕事を紹介しあう展示会をしたら面白いのでは?」と言い出したのです。

確かに、勉強会仲間といえど、ただの呑み仲間と化しているのが現状。改めて隣でビールをあおる友を眺め(そう言えば○○ちゃんって何屋さん?)と、全く理解してなかったことに気がつくのです。

そして急遽、自社商材を紹介したい人にはブースを、自分を売り込みたい人にはマイクパフォーマンスの時間をといった手作り感いっぱいの展示会が開催されることになったのです。

お花のワークショップ、税金対策のお話、保護猫カフェと様々な業種のブースが並ぶ中、なんと偶然にも恋い焦がれていた方に出会ってしまったのです。

その方とは木札に筆文字で名前が彫られたゴルフバッグタグ様♡ アタシは普段、ゴルフの記念品の販売をしており、お客さんからの問い合わせが非常に多いこの木製バッグタグを長年探し求めていたのです。

だって、当店の売れっ子ナンバー1になるはずだから!

運命のようなものも感じる!

今までも展示会に出かけたりネット検索したりと探していましたが、ロットが大きかったり、1つだとべらぼうに高額だったりと、自社で販売できる価格で1つから作製してくれる先になかなか巡り会えません。

「嗚呼、貴男とはご縁がなかったのね」と諦めていたのです。

しかも、そのブースに立っていたのはなんと古くからの友人。

何か運命のようなものも感じるではありませんか!

ちょっとテンション高めに、
「いつからレーザー加工始めたの!? アクセサリーパーツ扱ってたはずでしょ?」と尋ねると、息子さんが後を継ぐことになったのを機に別事業を立ち上げようと、最近始めたというのです。

「卸しもするの? 1個でも頼めるの?」と、目の前の美女にガッつく大学生のように前のめりなアタシに友人は、

「もちろん。うちは後発だから小回りきかせて対応しないとやっていけないから」。

あまりの嬉しさに狂喜乱舞しながら「ありがとう!」と両手で握手を交わしてしまいました。

ここでノンキに「じゃ、また連絡するわ」なんて言っていると話が進まなくなってしまうので「今度お店に行くから」とガッツリ日程調整もして、晴れてデートへとこぎつけたのです。

お店は奈良市内の駅前にあって、件のレーザー加工機は3月納期の卒業記念品の注文でフル回転中でした。

まずはサンプルを作ってもらおうと、

①キャディバッグにつけるタグなので、ある程度の強度が必要

②インパクトが欲しいのでiPhoneぐらいの大きさにしたい

③サンプル用に画数の多い名前を使いたい

という3つの要望を伝えて作製開始です。

一般的な木札は檜が多いそうですが今回は強度を重視してアガチスに決定。

実際に自店で販売するにあたり文字数ごとに縦の長さが毎回変わるとお客も売る側も混乱するので、サイズは縦150×横40×厚み5㎜に固定。

名前が2文字でも6文字でもこの木札内に収めて作製できるサイズ感にしました。

書体は勘亭流に加工が必要なので、文字を伝えて社内のデザイナーさんに加工してもらいます。

デザインができあがるとパソコンに取り込み、いよいよレーザー加工開始です。友人の息子さんが機械に木材をセット。

キュイーンと小気味よく刻印機が動き出すと、ふんわりといい匂いが。そうそう、コレって焚き火の始めのような香ばしい良い匂い。毎日嗅いでいたいぐらい好きな匂いだわ。

焼肉屋さんの匂いにヤラれるのと同じ?

鼻をクンクンさせるアタシに友人は、

「ここにダクトがあるでしょ? ここから煙などを外に排出してる。いつかビルのオーナーに怒られるんじゃないかと心配」と教えてくれました。

外に煙を出してるってことは、焼肉屋さんの前を通るとあの匂いにヤラれて食べたくなるみたいに、この木の焦げる匂いに引き寄せられてお客さんが来るかも。知らんけど。

そう話してるうちに機械の隙間から文字らしきものが彫れているのが少しずつ見えてきました。

 

プリンターみたいに横方向に刻印するのかと思ってたけど、縦に長く動いてる。その方が効率いいのか……初めて見るレーザー加工機に興味津々です。

加工が終わって木札を取り出し、微調整したものを受け取ると、木材本来の色目に加え、刻印された箇所の焼き色とで文字に陰影がついているように見えてめちゃいい感じ。

バッグ札なので上部にベルト穴もつけてもらいました。

「ここに黒っぽい革ベルトつけてほしいな。ある?」

「カッコいいギフトBOXも欲しい!」と、むちゃぶりでお願いしたところ、友人がちょっと店内を探しただけでベルトも箱もアタシの希望にジャストなものが出てきました。

さすがアクセサリーパーツ屋さん。

友人も半笑いで、
「こんなにぴったりなのが見つかって逆に怖いわ」というぐらいキレイに収まり、木札のバッグ札完成!

仕上がりはもちろん、ラッピングまで完璧で、今すぐ自店で販売したいぐらいです。

顔を合わせて商品の相談するって大事

で、本当にこれ1個の注文を1日で作ってくれるの? と尋ねると、

「勿論! うちにくるお客さんは、いろんな店に断られて困り果てて最後にようやく来る人ばかり。1個で超急ぎってそりゃ他の店は嫌がるから。でもそこを対応するのがうちの強みなのよ」。

アタシも断られ続けたお客の1人なので嬉しすぎてもうメロメロです。

この後はもう浮かれすぎて、前祝いやと奈良の地酒で乾杯しまくりベロベロで電車を乗り過ごす羽目に……。

 

最近はつい楽をしてインターネットで商材を探しがちですが、こうやって足を運んで顔を突き合わせてあれこれ商品の相談するってめっちゃ大事。

まさか呑み仲間と仕入れの話をするなんて夢にも思ってなかったけど、展示会参加してほんまよかった。

つい口走りがちな「また今度、ゴハン行こうね」って社交辞令でなく、絶対うちの店でこのバッグ札扱うから。

その時は、ホントよろしくねー。

関連業者紹介

下請け

株式会社スエダ

35店舗が加盟、業績アップ成功率9割の「印章店活性化プロジェクト」を実施中です。

下請け

有限会社アシストワークス

お客様のアイデアを形にするお手伝いをしています

小売

はんこ屋さん21 日吉店

はんこからウエアプリントまで手広くおこなう、文字のプロフェッショナルです。

小売 / 下請け

コスガ印判

あなたのオリジナル、1個から作成

記者プロフィール

秋吉純子
秋吉純子
LEDサイン販売会社に在職中、飲食・物販など300にのぼる業種へ取材訪問して販促を実施。その後、マーケティング会社でマイカル系GMSの新店舗出店前調査や、アイデア雑貨メーカーで企画開発、ネット事業を担当。女性目線で消費者の生の意見を吸い上げ、商品開発や既存商品の改革など行なってきた。現在は、ホールインワンの記念品販売サイト「アーカイブプラス」を運営。一般社団法人イーコマース事業協会・元副会長。趣味は廃墟・工場めぐり、ビール、サイクリング。モットー「酒は世界の共通語」。 http://www.holeinone-golf.net/