連載コラム・刺繍な生活:立体刺繍の裏ワザ

畔柳悦子畔柳悦子

ミシン刺繍教室を運営しています。先日アクセサリーデザイナーのアトリエChiku Takuを運営する原田慶子さんが刺繍合宿に参加し、色々と楽しい会話の中からミシン刺繍に活かせる立体刺繍の裏技を教えていただきました。

ヘアスプレーを使うと適度な張りが出る?

それは、私のカッチカチな固定概念にとらわれた常識を覆す衝撃のアイデアでした。普通に刺繍した作品にヘアースプレー(ハードタイプ)をかけて乾かすと布に適度な張りが出ることを教えていただいたのです。そこで早速実験してみました!

OGBSの読者はアパレル関係の方とお取引している方も多いと思います。美しく印刷した花弁のプリント生地をレーザーでカットしてコサージュ等のアクセサリーを製作するなど、簡単に真似や応用ができるアイデアだと思いました。コラムを通して、OGBSの読者の中でアイデアのヒントに結びつけばいいな。

1、Wilcom EmbroideryStudio 刺繍ソフトで蝶々のデータ制作。

1、Wilcom EmbroideryStudio 刺繍ソフトで蝶々のデータ制作。

 

2、タジマ刺繍機「彩」でポリエステルオーガンジーの生地に蝶々の刺繍入れ。

2、タジマ刺繍機「彩」でポリエステルオーガンジーの生地に蝶々の刺繍入れ。

 

3、実験のため、複数刺繍をしました。

3、実験のため、複数刺繍をしました。

 

4、半田ゴテでヒートカットします。

4、半田ゴテでヒートカットします。

 

5、色々なメーカーのハードヘアスプレーを用意。

5、色々なメーカーのハードヘアスプレーを用意。

 

6、各メーカーのスプレーをかけて乾かす。

6、各メーカーのスプレーをかけて乾かす。

 

7、乾かしてみたら、どのメーカーでも同じ様に張りのある効果がみられました。

7、乾かしてみたら、どのメーカーでも同じ様に張りのある効果がみられました。

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 http://eshisyu.com/