連載コラム・刺繍な生活:ボタンホール刺繍と菊穴刺繍

畔柳悦子畔柳悦子

ボタンホール刺繍と菊穴刺繍の作り方のレポートをしたいと思います。

ボタンホールはわかるけど「菊穴」って何ぞや? と思われる方もいると思います。

菊穴とは、野球の帽子等の通気口によく使われる穴がかり刺繍です。

内蔵データを使ったボタンホールの刺繍方法

ミシン分野で歴史のあるブラザーの刺繍データ作成ソフト「刺しゅうプロ」に内蔵されているデータを使うのが一番便利な方法だと思います。刺繍ソフトにボタンホール刺繍データが内蔵されている事はあまり知られてないので、コラムを通じて良いと思う情報をご紹介したいと思います。

1、ファイル刺しゅうプロデータ取り込み→OS(C:)→Program File(x86)→ Brother →刺しゅうプロ10→Design Library→の順番でボタンホールのファイルを探します。
その中にButton Hole L 、M、Sサイズのボタンホールが内蔵されています。
刺繍プロ

2、ファイルからデータを取り込みます。
データ取り込み

3、刺繍枠にはめて好きな位置にボタンホール刺繍が簡単に出来ちゃいます。
ボタンホール刺繍

内蔵データを使った菊穴の刺繍方法

4、こちらも刺しゅうプロのソフトで製作。グリット5㎜で表示して、5㎜の走り縫いの円を作ります。
5ミリの走り縫いの円

5、刺繍データの色を変えてサテンステッチのパンチをこの様に入れます。刺繍データはこれで完成です。とってもシンプル過ぎて生徒にはよく驚かれるデータの作り方です。
サテンステッチのパンチ

6、刺繍データを作成出来る方は、ここまでは想像出来ると思います。ここからが本番! この時のミシンの設定は色変え毎に止まる設定にし、走り縫いを入れます。
走り縫い

7、次に取り出すのは秘密兵器のスクリューポンチという穴を開ける道具!!
スクリューポンチ

8、先ほど刺繍した走り縫いが案内線の役割を果たしますので、枠をはめたままで穴を開けます。
穴をあける

9、またミシンに枠をセットしサテンステッチを入れたらOKです。
走り縫い

10、ミシン刺繍機で作る菊穴の完成です。
菊穴刺繍の完成

 

ミシン刺繍は知れば知るほど奥が深く教室に来る生徒達は、どんどんミシン刺繍の魅力の虜になっていくんです。

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 http://eshisyu.com/