連載コラム・刺繍な生活:帽子に3D刺繍する

畔柳悦子畔柳悦子

ミシン刺繍教室を運営していると、教室に通う生徒様のご要望は多岐に渡ります。

その中でも『帽子の刺繍を教えて頂けますか? 』の問い合わせが少しずつ増えて来たので、タジマ工業㈱の『彩』というコンパクト刺繍ミシンを導入しました。

帽子刺繍を初体験しました!

『彩』を導入する時に帽子刺繍のノウハウを丁寧に教えていただいたので、説明書を読み、初めから一人で挑戦してみました。

初体験の感想は『やればできるじゃん!』。

本当に、もっと早くに挑戦していれば良かったと思うくらい簡単でした。もちろんセットには時間はかかりましたが、帽子刺繍のご要望があっても怖がらずにレッスンに挑む事が出来そうだと思いました。

『案ずるより産むが易し』。

ミシン刺繍に興味のある方は是非、挑戦して欲しいです。

ミシン刺繍はプリントとは違った良いビジネスでもあると思います。

今回は、タジマの『彩』を使って帽子刺繍の簡単な流れを紹介しながらのレポートをお届けします。

1、帽子枠ユニットの下ネジを緩めに2か所セットします。
下ネジを緩める

2、リングシャフトの基部はプラスドライバーで固定。
リングシャフトを固定

3、帽子枠ユニット取り付けネジを締めます。
帽子枠ユニットを取り付け

4、上からもしっかりネジで固定。女性の力でも大丈夫。
上からも固定

5、セティングフレームを机等に固定します。
セッティングフレームを固定

6、帽子枠に安定紙を両面テープで固定。
帽子枠に安定紙を置く

7、帽子の内側の汗止めを外側に外して固定。
汗止めを外す

8、こんな感じにセットします。
刺繍機にセット

9、タッチパネルで『帽子枠』を選択。
帽子枠を選ぶ

10、チューリップマークを選択。
チューリップマークを選択

11、USBに入れた タジマデータを選択。
タジマデータを選択。

12、色糸の番号を選択。
色糸の番号を選択

13、データを180度回転。
データを180度回転

14、帽子のひさしの部分より1㎝上に刺繍の底辺がくる様にセットします。
ひさしより1㎝上に刺繍

15、ウレタンを両面テープで貼り付けスタートを押します。
ウレタンを固定

16、刺繍スタート。ウレタンを乗せると3D刺繍になります。
3D刺繍

17、刺繍が完了したら、ウレタンをめくります。
ウレタンをめくる

18、OGBSマガジンのロゴの3D刺繍の完成です。
完成

関連業者紹介

下請け

有限会社アシストワークス

お客様のアイデアを形にするお手伝いをしています

資材メーカー

株式会社オーキッド

刺繍ファクトリーは、多様な設備と多様な表現のハイブリット刺繍に力を入れてます。

下請け

エドバンファクトリー

こだわっているのは「当たり前」のスピード、価格、品質

下請け

株式会社荒木印刷

あなたの想いをカタチにする、印刷のプロフェッショナルです

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 http://eshisyu.com/