高級感のあるオリジナルキャップを作る3つの方法とは

記者1号記者1号

人気が高い「つば」付きの帽子

オリジナルグッズの中でも、人気の高い定番商品といえば「キャップ」です。キャップという言葉そのものは、「つば」なし、または前面に「つば」のついた野球帽のような帽子のことをを指します。オリジナルグッズでよく使われるのは「つば」付きの野球帽タイプです。野球チーム用はもちろん、ボランティアスタッフや自治体がおこなう清掃活動などでもよく使われています。そんなオリジナルキャップを作る上で、一番人気の手法が「刺繍」です。そこでここのコラムでは、一般的な「刺繍」によるオリジナルキャップの作り方を紹介します。

立体感と高級感のある「刺繍」でオリジナルキャップをつくる

オリジナルキャップを作る方法はたくさんありますが、中でも人気なのが「刺繍」です。刺繍は仕上がりが立体的で、独特の高級感とボリューム感が魅力です。そのため、有名ブランドのキャップはブランド名やロゴ、デザインを刺繍で表現することが多いようです。刺繍は耐久性が高いので、長期間使うことができるのも人気の秘密です。

 一口に刺繍と言っても、キャップ向けには大きく3つの手法があります。

1、キャップに直接刺繍
工業用の刺繍機を使って、文字や絵柄をキャップに直接縫う方法です。光沢のある高級感やボリューム感があります。

キャップに直接刺繍

キャップに直接刺繍した作例。

2、キャップに直接3D刺繍
刺繍の中にウレタンを入れて、立体感を出した刺繍。直接刺繍に比べてデザインをより際立たせることができます。

キャップに3D刺繍

キャップに3D刺繍をほどこした作例。

3、刺繍ワッペン
クロス生地やフェルト生地に直接刺繍したものを、周囲の縁ラインに沿ってくり抜く加工のこと。直接刺繍に比べてキャップの生地が傷まず、縫いつけやアイロン接着で好みの場所に取り付けられるのがメリット。ワッペンに3D刺繍を施すこともできます。

刺繍ワッペンをつけたキャップ。

刺繍ワッペンをつけたキャップ。

キャップ刺繍注文時に気を付けたいポイント

刺繍、3D刺繍、刺繍ワッペンのそれぞれに特徴のある仕上がりなので、覚えておくと注文する時に便利です。

注文時に気を付けなければならないことは他にもあります。それが、刺繍する「場所」と「面積」です。

キャップに刺繍しやすい箇所の図

キャップに刺繍しやすい位置。

上図のように、刺繍できる箇所は正面、側面、背面の3つがオーソドックスですが、キャップによっては刺繍できない場合もあります。例えば、通気性を良くした細かい網の目のあるキャップや、「つば」の上部が極端に狭いキャップなどです。キャップの種類によって刺繍できない場所があることを覚えておくと、注文時に便利です。

キャップの正面、側面、背面によってそれぞれ面積可能サイズが異なることも注意点の1つです。正面の場合なら、天地55㎜×左右120㎜以内に刺繍するのが一般的と言われています。

刺繍は糸で絵柄を表現するため、グラデーションのあるデザインや小さい文字、細い縁取りの入った文字などをそのまま再現することは難しいとされています。また、刺繍はあらかじめ色のついた糸でデザインを表現するため、細かい色指定が難しい場合があります。色にこだわって注文したい場合は、あらかじめ色見本を取り寄せて確認しておくと安心です。

どんな仕上がりにしたいのかを明確にしておこう

刺繍機の写真

キャップに刺繍できるコンピューター式の刺繍機。

刺繍の一般的な工程を簡単に説明すると、
・データを作成します(刺繍したいデザインを、ミシンに読み込むための専用データに置き換えます)
・キャップを刺繍機にセットするため、特殊な枠を使ってキャップを固定します。
・データをミシンに読み込んで試し縫いしたあと、刺繍して完成です
刺繍する際に、柔らかい素材のキャップには裏に厚めの不織布をかませて生地の縮小を防ぐなど、プロならではのテクニックが使われています。

上記で説明した手法はコンピューター式の刺繍機を使った手法ですが、昔ながらの職人は「手ふり刺繍」、「横ふり刺繍」という手法で、パソコンなどのコンピューターを使わずに刺繍することができます。

また、刺繍は糸の数だけ色表現できますが、フルカラーで写真を帽子にプリントしたい場合は、「トナー転写」や「昇華転写」と呼ばれる手法が使われます。

「どんな仕上がりにしたいのか」、「どんなデザインを表現したいのか」を明確にしておくと、注文する時に困らないでしょう。

記者プロフィール

記者1号
記者1号
ハンコとスタンプの専門雑誌「現代印章」と、オリジナルグッズを作る業者向け専門誌「OGBSマガジン」の記者。日本全国どこでも現れる。オリジナルグッズを作りたいと考えている人に役立つ知識を紹介するため、日々邁進中。趣味は寺社・仏閣めぐり。