連載コラム・刺繍な生活:ミシン刺繍のウンチク

畔柳悦子畔柳悦子

刺繍教室の様子

刺繍業界にはちゃんとした機械や材料のプロがいます

ミシン刺繍の世界は、難易度の高い仕事もあります。
刺繍糸をはじめ資材の知識も必要ですが、刺繍業界にはちゃんとした資材の専門家がいますので心配はありません。刺繍機と刺繍ソフトは、パソコンのハードとソフトの関係と同じ。いくらミシンがあってもソフトでデータを作らなければ動きません。

ネーム刺繍だけなら、タジマ工業ミシンが販売している『刺しゅうミシン(NEO6)及びオートグラフセットが今キャンペーン(編集部注・連載当時の情報です)』をやっていて、お値打ちです。ネーム刺繍から、この世界に入る方も多いです。

刺繍用のデータはどうやって作るのか

次のステップとして、デザインを刺繍データに作成する技術が必要になってきます。「刺繍デザイン」となると、ブラザーの刺しゅうPROが刺繍作成ソフトとしては有名です。

私の愛用しているプロ用のWilcom社の刺繍ソフトは、イラストレーターやコーレルドローのデザインソフトから、オートパンチというグラフィックデータを刺繍データに簡単に変換する機能があります。

ミシン教室のマニュアル

ミシン教室は、必要に応じてマニュアルを作っています♪

グラフィック系が得意な方は、プリント、レーザーカッティング、ラインストーンデザインなどが簡単に作成出来るソフトから、プロ仕様のクオリティの高い刺繍デザインを作るWilcom社の刺繍ソフトをお勧めしています。

データ作りができると刺繍にどんどんハマります

刺繍データが作れるようになると、人はどんどん欲が出てきます。
ワッペンやアップリケが作れるようになると、超ハマります。お祭りの家紋を始め、龍、鷹、鯉等のハイレベルの刺繍作品も、どんどん作りたくなります。タオルにだって、バンバン刺繍したくなります。

女性ですと、エレガント系のレースやイニシャル刺繍、手刺繍風、クロスステッチなんてのもミシン刺繍で作れる時代になっています。ミシン刺繍を始めると『刺繍病(刺繍にハマる人の事)』にかかる人も多いです。それぐらいミシン刺繍というのは奥が深くて面白い世界でございます。性別問わず職人魂がくすぐられる世界です。

生徒の作品

ミシン教室の生徒さんの作品です。

生徒の作品

私の運営する『E-刺繍工房のミシン刺繍教室』には、北海道から沖縄まで、遠方から飛行機や新幹線に乗って、名古屋まで習いに生徒さんがいらっしゃいます。みんな刺繍病です。教室で、基本的な刺繍データの作り方の指導をしています。

ミシン刺繍は本当にジャンルが広く、お客様の要求も留まる所を知りません。ミシン刺繍は、お客様の満足度をアップさせる必須アイテムです。

つい、ミシン刺繍の事になると熱く語り過ぎてしまいます(*ノノ)。。。コラムの執筆は文字制限がありますので、ここでストップしておきます。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 http://eshisyu.com/