クロスステッチデータ作成の流れ

畔柳悦子畔柳悦子

アパレル関係のお仕事で、数は少ないけどオーダーをいただくことがあります。刺繍屋によっては、クロスステッチのデータを作ったことがないという方も多いと思います。今回はちょっとニッチなクロスステッチの作り方の流れをWilcomミシン刺繍ソフトでレポートします。

クロスステッチは、簡単な図案であれば特別なスキルが無くても刺繍データが作れます。ミシン刺繍でクロスステッチもできることを知っていただきたく、レポート致しました。

皆様のミシン刺繍の知識が1つでも増えたら嬉しいなと思います。

① ファイル→クロスステッチの順にクリックします。

 

② クロスステッチのクロスの回数を2、4、6回と好みの密度に設定し、クロスの大きさを10mmに5ステッチ数と設定。

 

③鉛筆ツールで。クロスステッチのデザインをポチポチポチと描きます。

 

④クロスステッチのデザインの保存をします。拡張子はEMX。

 

⑤ Wilcom ソフトに取り込んでクロスステッチのデータの出来上がり♪

 

⑥早速刺繍機で試し縫い♪

 

⑦ 完成です。

関連業者紹介

下請け

新居田物産株式会社

10枚からつくれる、今治産のオリジナルタオル。

小売 / 下請け

クレディプリント (有限会社信用ラベル)

埼玉県南部で営業しております。小ロット歓迎!

下請け

株式会社 スパークル

あれやりたい、これやりたいをかなえる会社

問屋 / 下請け

株式会社エポック

カジュアルアパレル・インナー・服飾雑貨を小ロットで作れるOEMメーカーです!

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 https://eshisyu.com/