連載コラム・刺繍な生活:令和時代の働き方改革に思うこと

畔柳悦子畔柳悦子

ミシン刺繍教室の生徒様は主婦も多いですが、正社員として働きながら習いに来る方もいます。中には、刺繍のデータ作成のスキルを学ぶために、遠方から飛行機や電車を乗り継いで来ている方もいます。

「働き方改革法案」の成立後、時間外労働の削減等で仕事から早く帰る人が増え、「仕事が終わって余った時間をただボーッと過ごすのはもったいない」と、時間を有効に活用するためにミシン刺繍を習う方も増えています。「ミシン刺繍作家」として、ミンネやクリーマ等の手作りサイトや、フリーマーケット等のイベントで販売すれば、第2の収入源になります。そのために、刺繍技術を真剣に学んでいます。

仕事以外で自分の余暇の時間を使って作品を売るクリエイターが、これからどんどん増えていくのは予測できます。これからクリエイターとしてデビューする生徒様にアドバイスしています。

クリエイターとしてデビューするために必要なものは?

①まず、屋号入りのオリジナルスタンプを作りましょう。オリジナルのスタンプがあると、よりモチベーションが上がりますからね。商品を発送する時に、ペタンと捺すと便利ですよ。

②自分を紹介するための名刺も作りましょう。名刺があると自分を知ってもらうことができます。

③オリジナル作品ができたら、ブログやInstagram等で発信しましょう。知ってもらうために、できそうなところから挑戦しましょう。知ってもらわないと自分の商品を買ってもらえないですからね。

ミシン刺繍教室ではビジネスの基本の基本を説明することもあります。OGBSでバリバリ働いている方には当たり前のことでも、これからクリエイターとしてデビューする方にとっては何もかもが初めてで、知らないことも多いです。

OGBSマガジンの読者の方は、お客様からのオーダー品のお仕事で回している方も多いと思いますが、せっかく専門機器を取り揃えているなら、受け身の仕事だけではなく自らオリジナルの作品を作って、自社のオリジナル製品を製作販売していくのもありかなと思います。働き方改革による収入減を補うために、収入の柱が増えると人は安心するものです。

オリジナル刺繍CD

オリジナル刺繍CD

 

ミシン刺繍で作るフェルト碁盤と将棋盤

ミシン刺繍で作るフェルト碁盤と将棋盤

 

私はミシン刺繍教室の運営以外に、オリジナルの刺繍データを詰め込んだ刺繍CDや、囲碁・将棋ファンのためにミシン刺繍で作るフェルト将棋盤・碁盤の商品を販売しています。刺繍CDを購入したお客様が「自分でも刺繍が作れるようになりたい」とミシン刺繍教室の生徒様になることもあるので、商品も買ってもらえて生徒様として習いに来てくれるいう好循環になることもあります。

令和の時代は、サラリーマンとして働いていた方が、サイドビジネスや起業を志すケースも増えてくると思います。その人達のための商品を陳列できる棚や、インスタ映えするスタンドなど、アイデアを求めている人も増えてくる気がします。「クリエイターを応援するグッズ等も考えてくださると嬉しいな」とコラムでつぶやいてみました。

関連業者紹介

下請け

有限会社アシストワークス

お客様のアイデアを形にするお手伝いをしています

問屋 / 小売 / 下請け

コバオリ株式会社

名入れ加工、オリジナルグッズ製造、アパレル副資材製造はおまかせください。

下請け

有限会社萩原商店

海上自衛隊と45年の取引あり 繊維物から金属物、小ロットプリントも対応可能

小売 / 下請け

株式会社ユーモア

アイロンプリント、転写、UVプリント様々なニーズにお応えいたします!お気軽にご相談下さい!

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 http://eshisyu.com/