刺しゅうPROの偏差テクニック!

畔柳悦子畔柳悦子

ブラザー工業㈱の販売している刺繍ソフト「刺しゅうPRO」の偏差というテクニックのご紹介。

偏差とは、縫い目のずらし具合のことです。偏差 30% が標準値で、タタミ縫いで針落ちの差をずらしていくと針落ちのポイントがズレて、網目の様な表現の刺繍効果が表れます。
車のタイヤやロープなどのデザインにも使われることもあります。

ミシン刺繍には色々な刺繍データ作成のテクニックがありますが、実はあまり知られていない裏技テクニックで「タタミ縫いの偏差機能」というのがあります。

今回「偏差機能」を使って和リボンの刺繍データ作成をレポートいたします。ちょっとしたテクニックで、お客様に満足してもらえる刺繍を作ることが出来ます。
※刺しゅうプロだけではなく他の刺繍ソフトにも、だいたい標準で付いている機能です。

①偏差 30%が標準のタタミ縫いの配列。

①偏差 30%が標準のタタミ縫いの配列。

 

②偏差9%にするとタタミ縫いの針落ちの配列で縄網の様な刺繍になります。

②偏差9%にするとタタミ縫いの針落ちの配列で縄網の様な刺繍になります。

 

③偏差の刺繍で和リボンの刺繍データを作ってみました。

③偏差の刺繍で和リボンの刺繍データを作ってみました。

 

④房の部分はマニュアルパンチのパイピング縫いで表現します。

④房の部分はマニュアルパンチのパイピング縫いで表現します。

 

⑤タジマの彩の刺繍機で試し縫い完了。

⑤タジマの彩の刺繍機で試し縫い完了。

 

⑥リボン部分は縄の様にねじれた表現。パイピング縫いで房を表現出来ました。

⑥リボン部分は縄の様にねじれた表現。パイピング縫いで房を表現出来ました。

 

⑦偏差機能テクニックを使った刺繍試作品例です。

⑦偏差機能テクニックを使った刺繍試作品例です。

関連業者紹介

問屋 / 下請け

株式会社エポック

カジュアルアパレル・インナー・服飾雑貨を小ロットで作れるOEMメーカーです!

小売 / 下請け

SBS即配サポート株式会社

ラインストーン・刺しゅう・スパングル加工はお任せください

下請け

有限会社木村刺繍

清く正しく美しい仕事をいたします

小売 / 下請け

株式会社ユーモア

アイロンプリント、転写、UVプリント様々なニーズにお応えいたします!お気軽にご相談下さい!

記者プロフィール

畔柳悦子
畔柳悦子
女性目線のミシン刺繍のパンチ屋・初心者向けのミシン刺繍教室を開設。ブログ『E―刺繍工房』のタイトルで執筆中。2003年10月にクラフトハート東海入社。パート 2年勤務。この時、ブラザーの刺しゅうプロと出会う。2005年6月に㈱ビートップスタッフ入社。派遣社員としてブラザー集中修理センターで1年10ヶ月勤務。2007年4月に㈱白川ネーム店入社。パート&アルバイトで2年4ヶ月勤務。Wilcomの刺繍ソフトに出会う。2009年2月にWilcomの刺繍ソフトを使用しながら刺繍データ製作開始。2013年にミシン刺繍教室を開設。2014年からOGBSマガジンでコラム連載開始。 https://eshisyu.com/