そのノベルティで大丈夫? 発注前に読むべき【展示会ノベルティ人気ランキング 2019年版】Part3–金融系展示会・釣り展示会

記者1号記者1号

展示会ノベルティ人気ランキング2019年版のタイトル画像

4分野の展示会の人気ノベルティを調べました

IT系、医療系の展示会に続いて、今回は金融系の展示会「第2回資産運用EXPO」(開催期間:2019年1月24日〜26日、会場:東京ビッグサイト)と釣りの展示会「フィッシングショーOSAKA2019」のノベルティを調査しました。

調査方法やカウント方法、IT系展示会(Japan IT week関西)の調査結果などは「そのノベルティで大丈夫? 発注前に読むべき【展示会ノベルティ人気ランキング 2019年版】Part1–IT系展示会」のコラムをご参照ください。

また、医療系展示会(メディカルジャパン大阪)の調査結果は「そのノベルティで大丈夫? 発注前に読むべき【展示会ノベルティ人気ランキング 2019年版】Part2–医療系展示会」に掲載しています。

金融系展示会の人気ノベルティを調査

金融系の展示会「第2回資産運用EXPO」のノベルティ利用率は、190社中31点で、16.31%。

来場者層は40~50代の男性がほとんどで、コンパニオンを立てるブースが多くありました。資産運用、金融、不動産の展示会だけに、来場者層が限られているようです。

「ノベルティは名刺と引き換え」が当たり前で、さらに一歩踏み込んで「投資の話を少し聞いたらノベルティを渡す」という出展社も。展示会場でお客を捕まえたいと考える出展社が多いのでしょう。

第2回資産運用EXPOの会場の写真

第2回資産運用EXPOの会場の様子

金融系展示会の気になるランキング結果、第1位は……

「資産運用EXPO」の人気ノベルティ【第1位】食品(31点中9点/採用率29.03%)。
食品の画像

名入されていない食品が多く、社名や商品をPRするよりも、名刺をゲットして後追い営業することを主眼にしているよう。

結果だけ見ると「Japan IT Week 関西」と同じ「食品」となりましたが、「資産運用EXPO」の方が利用率が高く、配られているノベルティが少し豪華に感じられました。

これは、この展示会で金融商品や不動産などを提案するため、すぐ「実」に繋がるよう、客集めにお金をかけたのでは、と推測できます。

第2位は清掃用品。ちょっと変わったグッズも。

【第2位】は、ウェットティッシュ、ティッシュ、靴磨きなどの清掃用品(31点中6点/採用率19.35%)。
清掃用品

「メディカルジャパン大阪」でも第2位にランクインした清掃用品ですが、靴磨きを受け取ったのは今回が初めて。他の展示会では見かけたことがない、オリジナリティの高いノベルティです。

年齢層が高く、男性客が多いとわかっていれば、「靴磨き」のようなノベルティを増やすことでブースへの集客に繋がるかもしれません。

第3位はノベルティの定番品

【第3位】は、ノベルティの定番バッグ(31点中5点/採用率16.12%)。
バッグの画像

不織布、キャンバス地のバッグで、1色刷りが基本。

1社だけ、転写紙をつかってフルカラーで名入れしているところがありました。他の展示会に比べると、全体的にサイズが大きかったり、ポケットがついていたり、マチが大きかったりと、たくさんの資料を入れられるバッグが使われていました。

第4位も定番品

【第4位】は、こちらもノベルティの定番、クリアファイル(31点中4点/採用率12.90%)。
クリアファイルの画像

資料も一緒に手渡すことができるのがメリット。

「メディカルジャパン大阪」ではほとんどのクリアファイルがフルカラーでしたが、今回の「資産運用EXPO」については全社がフルカラーで作製していました。

1社だけ黒に箔押ししているように見えますが、よく見ると黒も金もCMYKの掛け合わせで印刷しています。

クリアファイルのフルカラー化は金融系展示会でもかなり進んでいるようです。

その他は、「ボールペン」、「ノート」、「本」、「カイロ」などが配られていました。

続いて、釣りの展示会の人気ノベルティを調査

人気ノベルティ調査の最後の取材対象は、釣りの展示会「フィッシングショーOSAKA2019」(開催期間:2019年2月1日〜2月3日、会場:インテックス大阪)。

フィッシングショーOSAKA2019の会場の写真

フィッシングショーOSAKA2019の会場の様子

取材に訪れたのが一般公開日だったため、大人から子供まで幅広いエンドユーザーが来場しており、子供向けの釣り体験やクイズ大会なども開催されていました。

ノベルティ利用率は158社中31点で19.62%。

釣りの展示会ならではのノベルティが第1位に

圧倒的大差で【第1位】となったのがステッカー(31点中17点/採用率54.83%)。何と、ノベルティの約半数を占めるという結果に。
ステッカーの画像

釣り道具を入れるタックルボックスに貼る人が多いため、このような結果になったのでしょう。

自社の商品名、ブランド名をおしゃれにデザインしたステッカーが多かったほか、ライフジャケットの着用を促すものや、船の発航前機関点検チェックポイント、ゴミの持ち帰りルールを説明するものなど、実用的な役割を持つステッカーも見受けられました。

ステッカーは屋外使用を前提とし、耐候性と耐水性が高いため、釣りをする人向けのノベルティとして最適のようです。

ほとんどの企業がコンパニオンを立ててステッカーを配布。名刺交換などは求められず、道行く全ての人に配っていたようです。

後追い営業が主体の金融・投資系と違って、ブランドをPRして商品購買に繋げる戦略なのでしょう。

中には、コンパニオンがステッカーを剥がし、客の肩に貼るケースも。また、SNSをフォローしたり、企業フェイスブックページに「イイね」するとステッカーをプレゼントする出展社もありました。

第2位は他の展示会でも上位の定番グッズ

【第2位】は、またもやクリアファイルがランクイン(31点中4点/採用率12.90%)。

クリアファイルの画像

他の展示会と同様、箔押しよりもフルカラーの方が多く配られました。

フィッシングショーでは公益財団法人や検査機構、公正取引協議会などお堅い団体がいくつも出展していましたが、クリアファイルにはキャラクターを入れたり、ロゴをフルカラー表現するところも多数ありました。

それだけ予算が潤沢にあるということでしょうか……。

その他に、テグスや缶バッジなどがあり、全てのグッズが名入れされていました。

この記事の続きはこちら↓
「そのノベルティで大丈夫? 発注前に読むべき【展示会ノベルティ人気ランキング 2019年版】Part4–総合ランキング」

記者プロフィール

記者1号
記者1号
ハンコとスタンプの専門雑誌「現代印章」と、オリジナルグッズを作る業者向け専門誌「OGBSマガジン」の記者。日本全国どこでも現れる。オリジナルグッズを作りたいと考えている人に役立つ知識を紹介するため、日々邁進中。趣味は寺社・仏閣めぐり。